keyvisual

モデルコース

史の道コースから 笠置寺、笠置山散策

START

わかさぎ温泉「笠置いこいの館」から白砂川を渡って笠置駅前の産業振興会館を右へ
11
 
郵便局を「柳生」方面へ歩くと
登山口が見えてきます。
22
 
ここは笠置古道と呼ばれていて、
今は東海自然道に指定されています。
33
 

案内してくださるのはご住職。素敵な笑顔に癒されます。

およそ900mの道のりを登れば笠置寺。

PICK UP !

本堂、正月堂前に立つ本尊弥勒摩崖仏。
高さ15.6m、幅15m。日本最大最古の天人彫刻として崇められていたといいます。
(幾度の火災のため現在は光背のみ)

GOAL

かつて修験道の行場として栄えた笠置山。
町や自然が一望できます。❹
44
11
22
33
44

史の道コースから 木津川を渡り、北笠置を散策

START

笠置いこいの館から笠置大橋手前右手、
木津川上流に向かって歩くと
すぐにボルダリングエリアに到着。
11
 
関西本線沿いを進むと巨石と自然に囲まれた迫力ある渓谷美が楽しめます。
22
 

飛鳥路地区を抜け木津川に出ると、
そこに架かるのは「潜没橋(せんぼつきょう)」。

PICK UP !

文字通り、大雨で川の水量が上がると水の下に潜ってしのぐように架けられた橋だとか。

 
田畑に囲まれるのどかな田園風景を進んでいくと、茅葺屋根が特徴的な「法明寺」がたたずんでいます。
33

GOAL

どこか、懐かしい、町中とは違ったもう一つの笠置町に出会えます。❹
44

歴史を感じられる家並みもステキです。

11
22
33
44

歴史を感じられる家並みもステキです。